第二量子化でTight-Binding

なんかダガーが使えなかったので、エルミート共役をbarで表現することにする。 位置表示での対角項は、後で行うフーリエ変換(級数)しても対角的なので、省略する。 電子の移動のみをハミルトニアンで扱うと、これを、最近接のみに制限(近似)する。 を最近接のペアを表すとすれば、ここまでは系に依らない(この項だけ…